提供:NetCommons2.0オンラインマニュアル(日本語)
移動: 案内, 検索

NetCommons では、ひとつのサイト・ひとつのルームの中に、必要に応じて複数の小テストを設置することができます。小テストの編集画面からは、小テストの作成、表示の設定などができます。モジュールの編集のリンクをクリックして設定を行います。

7-21-2-01.JPG


編集画面には「一覧表示」「新規作成」「ブロック操作」「ブロックスタイル」の4つのタブが表示されます。「新規作成」を選択すると、上図のような画面になります。


「一問ずつ表示する」を選択し、「ランダムに表示する」させることもできます。


また、パブリックスペースに設置するときには、「非会員の解答を受け付ける」と「繰返しの解答をさせる」の両方にチェックを入れておく必要があります。前者を忘れるとテストは表示されませんし、後者を忘れると誰か一人が解答すると次の人からテストは表示されなくなります。


解答方法などを設定して7-21-2-02.JPGを押し、次の画面の右にある7-21-2-03.JPGというリンクをクリックして、問題作成をします。


7-21-2-04.JPG


すると、下図のような問題作成画面が表示されます。


問題文の作成にはwysiwygエディタを使うことができますので、画像を挿入したり、TeXを使って数式を用いたりすることができます。wysiwygエディタの使い方については、「内容の編集」の項を参考にしてください。


7-21-2-05.JPG


「解説の表示」とは、参加者が解答した後に、問題の意図など解説文を提示するためのチェックボックスです。チェックを入れると、別のwysiwygエディタが表示されます。


配点を決め、この問題への解答を必須とするかどうかを決めます。必須に「する」にチェックすると、参加者はこの問題に何らかの解答をしない限り、小テストを終了することができません。


「質問タイプ」には、「択一」「複数選択」「記述式」の3種類があります。択一・複数選択の問題は自動採点されますが、記述式は主担(またはモデレータ)が手作業で採点します。


選択肢を書き入れ、正解にチェックを入れます。選択肢が足りない場合には7-21-2-06.JPGをクリックします。


小テストを実施したときには、画面上では選択肢は横に並びます。縦に並べたいときには、選択肢を記入した後に改行を入れます。


下図は、問題文や選択肢に改行を入れないときの見え方と、改行を入れたときの見え方の比較です。


<改行を入れない場合>


7-21-2-07.JPG


<改行を入れた場合>


7-21-2-08.JPG


1つの問題が完成したら、「決定」をクリックしましょう。すると、次のような表示になります。2問目を作成する場合は、「問題を追加する」を再びクリックします。


7-21-2-09.JPG


一度編集した問題を修正したい場合は、問題の右に表示されている「編集」をクリックし、編集画面に戻ります。「削除」をクリックすると、この問いを削除することができます。


2問目も同様に作成し終わったら、「決定」をクリックします。


7-21-2-10.JPG


青い線で囲まれた部分をドラッグ&ドロップして、問題の順番を簡単に入れ替えることができます。さらに問題を作成するなら、「問題を追加する」をクリック、これで問題作成を終了する場合は、「実施する」をクリックします。一度実施すると、問題は修正できなくなります。確認画面が現れますので、「OK」をクリックして、実施します。


7-21-2-11.JPG


作成した小テストをまだ実施しない場合、また、問題作成は途中までにして、いったん終了したいという場合は、「一覧へ戻る」をクリックします。すると画面は下図に切り替わります。


7-21-2-12.JPG


再度「問題作成を続けたい」あるいは「実施したい」というときは、青い線で示した「問題の編集」をクリックし、問題の編集画面に戻ります。


赤い線で示した「参照」をクリックすると、下図のようにポップアップ画面が開き、実施したときのイメージが表示されます。


7-21-2-13.JPG


ポップアップ画面は×ボタンで消します。


「実施する」を選択しないまま「編集終了」をクリックすると、下図のように表示されます。


7-21-2-14.JPG


ここで小テストモジュールを「削除」してしまっても、作成した問題はサーバに残っていますので、実施する際には、また、「モジュールの追加」から「小テスト」を選び、「一覧表示」で再び作成した小テストのデータを呼び出すことができます。


また、小テストを新規作成する際、これまでに小テストをいくつか作成してある場合には、下図のように、「過去の小テストを利用する」という選択肢が表示されます。チェックを入れると、過去の小テストのリストが表示されますので、その中から、再利用する小テストを選びます。


7-21-1-10.JPG


名称や方式、メール送信についての設定は、過去のアンケートを利用しても新しく設定できます。「決定」ボタンをクリックすると、再利用するアンケートがそのまま表示されますので、修正するところは修正して作成しましょう。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
コンテンツ
案内