提供:NetCommons2.0オンラインマニュアル(日本語)
移動: 案内, 検索


5.1 管理業務の実施にあたって

管理者であっても、サイトに日常的にアクセスする際には、管理者IDとは別に用意したIDを利用するように心がけ、悪意のあるアタックの危険性をなるべく減らすように心がけます。管理者を複数おく場合には、同じ管理者IDを使いまわすことはせず、新たに管理者権限のIDを発行するようにします。決して、ひとつのIDを複数人で運用しないでください。

管理者パスワードは定期的に変更します。その場合、最低8文字以上の英数記号のランダムな並びを用います。簡単に予想できるようなパスワード、特にIDと一致したパスワード、名前や場所・誕生日などを利用したパスワードは避けるようにしてください。


5.2 セキュリティ管理のチェック

サイトでは、よほどの理由がない限り、セキュリティレベルを中以上に設定しておいてください。セキュリティ管理の「ログ一覧表示」を定期的にチェックし、悪意のあるアクセス先のIPを記録します。悪意あるアクセスが止まないときには、「拒否設定詳細」で当該のIPアドレスを拒否するとよいでしょう。


5.3 バックアップ

サイト全体のバックアップを定期的にとります。バックアップファイルは別の記憶媒体に保存し、他者が情報を読み取ることができないようパスワードを設定した上で、厳重に保管します。バックアップからの復元方法についてはFAQの項、あるいは公式サイトの過去記事を参考にしてみてください。


5.4 NetCommonsのアップデート

常にNetCommonsを最新の状態にするように心がけます。NetCommons公式サイトに登録しておけば、登録メールアドレスにアップデート等の情報が通知されます。公式サイトトップページのキャビネットからアップデート用のファイルおよびREAD MEをダウンロードします。アップデートする前に、まずREAD MEを読み、準備を行います。

万が一のために、まずバックアップファイルを作成し、「システム管理-一般設定」を使って、サイトを「メンテナンス中」にします。次に、 NetCommons最新版が想定しているPHP,Apache,MySQLのバージョンと自分のサーバのそれらのバージョンを比べ、適合しているかどうかをチェックします。適合していない場合には、PHP,Apache,MySQLのバージョンアップを先に行います。その上で、NetCommonsのアップデートの作業に入ります。作業の詳しい方法については、アップデートファイルに添付されているREAD MEを参照してください。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
コンテンツ
案内