提供:NetCommons2.0オンラインマニュアル(日本語)
移動: 案内, 検索

NetCommonsでは、「ユーザ」「コンテンツ」「表現」を適切に管理することによって、リアルな社会における情報のやりとりをネット上に具現化しています。まずはNetCommonsでしばしば登場する概念を整理しておきましょう。


コンテンツの管理

NetCommonsにおいては、やりとりされるすべての情報を「コンテンツ」として位置づけます。コンテンツは、ページ上に設置してある情報共有用のさまざまな機能「モジュール」に登録されることによって格納されます。

ユーザは与えられた権限の範囲内で「コンテンツ」を閲覧したり編集することができます。「モジュール」の集合は「モジュールクラス」と呼ばれます。代表的な「モジュールクラス」には、掲示板・キャビネット・日誌・汎用データベース・フォトアルバム・ToDo・リンクリスト・フォトアルバム・アンケート・小テスト・レポート・登録フォームがあります。


ユーザの管理

ユーザは、ログインIDをもつ「会員」とログインIDを持たない「非会員」に分けられます。非会員はパブリックスペースで作成されたページに設置されたモジュールを通じて情報を閲覧します。会員は、登録の際に「ベース権限」を与えられます。これは、サイトにおいて(1)どのモジュールを利用可能か(2)どの情報にアクセス可能か、という権限を決定するものです。

会員は管理者またはルーム管理者によって、アクセス可能な(0個以上の)「グループルーム」を割り当てられます。リアルな社会においてそうであるように、会員は、それぞれのグループルームにおいて、(1)主担(2)モデレータ(3)一般(4)ゲストのいずれかの「役割」を与えられます。

会員は参加しているグループルームにおいて、与えられた権限・役割の範囲の中で、情報の発信の担い手となり、また情報の受け手となります。NetCommonsにおいては、「権限」とは「人およびサイトの管理にどのようにかかわるか」を意味し、「役割」とは「(グループルーム内において)どのようにコンテンツおよび表現の管理にかかわるか」を意味します。


表現の管理

NetCommonsで作られたサイトは、動的に生成される「ページ」の集積として表現されています。

ページには、それよりも下位のページを持つ「カテゴリ」と単なる「ページ」とに分類されます。NetCommonsで作られたサイトは、(デフォルトでは)「トップページ」と呼ばれる特別のページを持ちます。このページは削除することはできません。

各ページは、位置情報と表示方法という情報をもつ「ブロック」に配置されたモジュールの組み合わせとして表現されます。「ブロック」における表現を通じて、ユーザはサイト上でやりとりされている情報を閲覧する仕組みです。各ブロックは、「セッティングモード」をONにした状態で、上部に表示されるバーをドラッグしてページ上の自由な位置に移動させることができます。

各ルームには、必ずカテゴリが割り当てられます。そのカテゴリの下にページを追加し、その上にモジュールを配置することで、各ルームの目的に応じた情報共有の場を構築することができます。

 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
コンテンツ
案内