提供:NetCommons2.0オンラインマニュアル(日本語)
移動: 案内, 検索

NetCommonsには、外部配信向けのポータルサイトの機能(パブリックスペース)、個人のバーチャルオフィスとしての機能(プライベートスペース)、グループの情報共有のための機能( グループスペース)が1つのシステムの中で統合されています。


パブリックスペース

「パブリックスペース」とは、通常のウェブサイト同様に広く社会に公開されている部分を指します。

パブリックスペースは、「トップページ」と呼ばれるページのほかに、いくつかの「パブリックルーム」によって構成されています。インストール時には、管理者のみが管理するパブリックルームがデフォルトで作成されます。


グループスペース

会員だけがアクセスできる領域のうち、複数の会員が参加して共同作業をするための場所が「グループスペース」です。

グループスペースはいくつかの「グループルーム」により構成されています。グループルームにどの会員をどのように参加させるかは「ルーム管理」というモジュールによって管理します。グループルームは「授業」「共同研究」「委員会」「ミーティング」などの目的で活用することができるでしょう。


プライベートスペース

デフォルトの設定では、「一般」以上の「ベース権限」をもつ会員は「プライベートルーム」を確保することができます。これらの集合体を「プライベートスペース」と呼びます。

「プライベートルーム」は(デフォルトの設定では)会員個人のみが閲覧できる領域であり、管理者であっても内容を覗き見ることは許可されません。

プライベートルーム内に、さまざまなモジュールを配置することによって、サイト内の情報を編集して閲覧したり(「新着情報モジュール」)、必要なファイルを整理して格納したり(「キャビネット」モジュール)、予定を確認したり(「カレンダー」モジュール)することができます。プライベートルームを上手に使いこなすことによって、個人のバーチャルデスクトップをもつことができるでしょう。

NetCommonsによるサイトは、各スペース内に「ページ」を設置し、その上にドラッグ&ドロップによる操作であらかじめ用意されている「モジュール」を配置することで構築します。また、モジュールの操作は多くのワープロソフトのインターフェイスにあわせてあります。そのため、HTMLの記法を知らない人でも短時間で操作を習得することができ、また、短時間で美しくデザインされたウェブサイトを構築することができます。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
コンテンツ
案内