提供:NetCommons2.0オンラインマニュアル(日本語)
移動: 案内, 検索

NetCommons のいくつかの機能を組み合わせるとe-ラーニングのためのサイトを構築することができます。電子シラバスを作成するには、「お知らせ」の表作成ツールと使うとよいでしょう。あるいは、学科や学部全体のシラバスを公開するには、汎用データベースを活用すれば簡単です。汎用データベースには、対象学年や開講場 所のほか、添付資料もつけることができます。


講義ノートを特定の学生に対して配信するには、ルームに設置したキャビネットを利用するとよいでしょう。また、学生が見ておくべきサイトのリンクリストを提供したり、Iframeで取り込んだりするのも、効率的な情報伝達の方法です。学生のメールアドレスを登録しておけば、休校やレポート提出期限のお知らせを学生に一斉に配信することも可能です。


学生間の議論やグループ活動には、「情報共有のための機能」で挙げたモジュールを組み合わせるとよいでしょう。たとえば、グループに課題を与えて、それぞれ活動日誌をつけさせたり、掲示板で議論をさせたりすると効果的です。


上記以外にもNetCommonsにはe-ラーニングに特化した機能が備わっています。それらについて解説します。


個人用ツール
名前空間
変種
操作
コンテンツ
案内